障害年金の裁定請求・不服申立て(審査請求)の代行が全国からご依頼いただけます。

ナガタ社会保険労務事務所が運営する障害年金受給ナビゲータートップへ


障害年金について"

障害年金の裁定請求・不服申立てのお手続き代行は、全国からご依頼頂けます


被保険者と初診日

障害年金の説明にはいる前に、被保険者、初診日という用語を押さえておかなければいけません。
「あなたは、初診日に第何号被保険者でしたか?」

まずは被保険者の説明です。
被保険者は、第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者にわかれます。

◆第1号被保険者◆
20歳以上60歳未満の自営業者や農家、学生、フリーター等
日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人であって、第2号被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しないものをいいます。
ただし、老齢または退職の年金を受けることができる人は除かれます。

◆第2号被保険者◆
サラリーマン、公務員等
被用者年金各法(厚生年金保険法、共済組合法など)の被保険者、組合員又は加入者をいいます。
ただし、65歳以降は、第2号被保険者となる人とならない人がいます。
@ 第2号被保険者となる人
(ア)厚生年金
65歳以上70歳未満の当然被保険者のうち、老齢期の年金の受給期間を満たしていない人(満たすまでの期間に限る)、高齢任意加入被保険者、第4種被保険者、船員任意継続被保険者
(イ)共済年金
退職共済年金、国民年金法による老齢基礎年金等の受給権を有しない組合員及び特例継続組合員

A 第2号被保険者とならない人
(ア)厚生年金
65歳以上70歳未満の当然被保険者のうち、老齢基礎年金資格期間を満たしている人
(イ)共済組合
65歳以上の組合員のうち老齢基礎年金の受給資格期間を見たいしている人

◆第3号被保険者◆
サラリーマンの妻等
第2号被保険者の配偶者であって主として第2号被保険者の収入により生計を維持するもの(第2号被保険者であるものを除く)のうち20歳以上60歳未満の人を言います。
第3号被保険者であるには、年収が130万円未満であることなど、健康保険の被扶養配偶者とほぼ同様の認定木従順が定められています。
健康保険の任意継続被保険者であっても、第3号被保険者になることができます。


次に初診日の説明です。
初診日とは、障害の原因となった傷病について初めて医師の診断を受けた日です。
具体的には、
対象となる傷病(病気、ケガ)ではじめて診察を受けた日
健康診断により異常が発見され、療養に関する指示があった場合は、健康診断日
同一傷病で病院を変わった場合は、最初に医師の診察を受けた日
再発の場合は再発時医師の診断を受けた日
誤診の場合は正確な傷病名が確定した日ではなく、最初の誤診の診察日
じん肺症についてはじん肺症と診断された日
障害の原因となった傷病の前に、相当の因果関係が認められる傷病があるときは、初めの傷病の診断日

「あなたは、初診日に第何号被保険者でしたか?」

初診日に第何号被保険者であったかによって障害年金の給付が決まります。
◆初診日に第1号被保険者・第3号被保険者だった方
1級の認定の場合 1級の障害基礎年金
2級の認定の場合 2級の障害基礎年金
◆初診日に第2号被保険者だった方
1級の認定の場合 1級の障害基礎年金+障害厚生年金
2級の認定の場合 2級の障害基礎年金+障害厚生年金
3級の認定の場合 3級の障害厚生年金

第2号被保険者の方は、国民年金と厚生年金保険に加入していることになるので、1、2級の障害厚生年金の場合は、障害基礎年金と障害厚生年金の2階建ての給付額となります。
3級の場合、障害基礎年金はありません。

初診日に第何号被保険者であったかは、大変重要となります。
例えば、会社を辞めて現在自営業の方は、第1号被保険者となります。
会社在籍中健康診断により異常が見つかりその傷病により障害年金の請求をするときは、初診日は、第2号被保険者のときとなり、障害厚生年金の請求となります。

また傷病の因果関係も見ておきましょう。
因果関係とは前の傷病と、後の傷病の関係が強い場合(前がなければ、後はなかったと思われる場合)、前傷病の最初の診察日を初診日とします。
例えば、

・高血圧と脳出血又は脳梗塞は、因果関係なしとみられます。
・糖尿病性腎症、糖尿病性神経症、糖尿病性網膜症などは、糖尿病と因果関係があるとみられます。
・糸球体腎炎、多発性のう胞腎、腎孟腎炎に罹患し、その後慢性腎不全を生じたものは、因果関係ありとして取り扱われます。
・肝炎と肝硬変は、因果関係ありとみられます。
・結核の化学療法による副作用として聴力障害を生じた場合は、因果関係ありです。
・手術等における輸血により肝炎を併発した場合は、因果関係ありです。
・近視と黄班部変性、網膜はく離、又は視神経委縮は、因果関係なし。
・エリテマトーデスの治療経過において、ステロイドの投薬による副作用で大腿骨頭無腐蝕性壊死が生じた場合は、因果関係あり。
・事故又は脳血管疾患による精神障害がある場合は、因果関係ありとして取り扱う。
・肺疾患に罹患し手術を行い、その後呼吸不全を生じたものは、肺手術と呼吸不全発症までの期間が長いものであっても相当因果関係ありとして取り扱われます。
・転移性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であることを確認できたものは、相当因果関係ありとして取り扱われます。
・糖尿病と脳出血又は脳梗塞は相当因果関係なしとして取り扱われます。

因果関係については、難しいところです。
傷病は人によって様々です。
医師や障害年金に詳しい社労士に確認することが必要です。

「初診日は、何年何月何日でしたか?」
「初診日に、第何号被保険者でしたか?」
「障害基礎年金、厚生年金、共済年金、年金の種類は?」
わかりましたか?


▲このページのTOPへ


トップ| 裁定請求代行のお申込み| 審査請求代行のお申込み| ご依頼の流れと料金| 事務所案内