障害年金の裁定請求・不服申立て(審査請求)の代行が全国からご依頼いただけます。

ナガタ社会保険労務事務所が運営する障害年金受給ナビゲータートップへ


認定基準と注意点

障害年金の裁定請求・不服申立てのお手続き代行は、全国からご依頼頂けます


言語・そしゃく・嚥下機能

[言語障害]

【主な傷病】
咽頭摘出術後遺症、上下顎欠損


◆障害等級の認定基準について

言語機能の障害は発音不能な言語と会話状況の判定により障害状態を判断されます。
4種の語音
ア.口唇音(ま行音、ば行音、ぱ行音等)
イ.歯音、歯茎音(さ行、た行、ら行等)
ウ.歯茎硬口蓋音(しゃ、ちゃ、じゃ等)
エ.軟口蓋音(か行、が行音等)

<国民年金法施行令別表>
2級
「音声または言語機能に著しい障害を有するもの」とは、次のいずれかに該当する程度のもの。
ア.音声または言語を喪失するか、又は音声若しくは言語機能障害のため意志を伝達するために身振りや書字等の補助動作を必要とするもの。
イ.4種の語音のうち3種以上が発音不能又は極めて不明瞭なため、日常会話が誰が聞いても理解できないもの。
咽頭全摘出手術を施したものについては、手術を施した結果、言語機能を喪失したもの。

<厚生年金保険法別表第一>
3級
「言語の機能に相当程度の障害を残すもの」とは、4種の語音のうち、2種が発音不能又は極めて不明瞭なため日常会話が家族は理解できるが、他人は理解できない程度のものをいいます。

view
言語機能の障害とそしゃく機能の障害とは並存することが多いですが、この場合には併合認定の取り扱いが行われます。





[そしゃく・嚥下機能障害]

◆障害等級の認定基準について

<国民年金法施行令別表>
2級
「そしゃく・嚥下の機能を欠くもの」とは、経口的に食物等を摂取することができないために、経管栄養(口腔、鼻腔、胃痩より胃内に管(チューブ)を挿入して流動食を注入して流動食を注入して栄養を補給する方法)以外に方法がない状態。

<厚生年金保険法別表第一>
3級
「そしゃく・嚥下の機能に障害を残すもの」とは、経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないために経管栄養の併用が必要あるいは摂取方法に著しい制限がある。

view
顎の障害の場合ではそしゃく・嚥下機能障害での障害とされます。
食道の障害(食道ガン等)になると診断書の種類が変わる可能性もあります。






▲このページのTOPへ


トップ| 裁定請求代行のお申込み| 審査請求代行のお申込み| ご依頼の流れと料金| 事務所案内