障害年金の裁定請求・不服申立て(審査請求)の代行が全国からご依頼いただけます。

ナガタ社会保険労務事務所が運営する障害年金受給ナビゲータートップへ


認定基準と注意点

障害年金の裁定請求・不服申立てのお手続き代行は、全国からご依頼頂けます


腎疾患・肝疾患・糖尿病

[腎疾患]

【主な傷病】
慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全


◆障害等級の認定基準について

1級
慢性腎不全及びネフローゼ症候群での検査に示す検査成績が高度以上を示すもの。
内因性クレアチニンクリアランス値10ml/分未満。
血清クレアチニン濃度8mg/以上。
かつ、一般状態区分表の(身の回りのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床をしいられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの)に該当するもの。

2級
慢性腎不全及びネフローゼ症候群での検査に示す検査成績が中等度を示すもの。
内因性クレアチニンクリアランス値10以上20mg/分未満。
血清クレアチニン濃度5以上8mg/dl未満。
かつ、一般状態区分表の(身の回りのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったものあるいは、歩行や身の回りのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの)に該当するもの。

3級
慢性腎不全及びネフローゼ症候群での検査に示す検査成績が軽度異常を示すもの。
内因性クレアチニンクリアランス値20以上30mg/分。
血清クレアチニン濃度3以上5mg/dl未満。
かつ、一般状態区分(軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの例えば、軽い家事、事務などあるいは無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの)に該当するもの。
人工透析の治療を行っている場合は、2級に該当し、日常生活状況により上位等級に該当されます。





[肝疾患]

【主な傷病】
肝硬変、多発性肝膿瘍、肝癌


◆障害等級の認定基準について

1級
肝疾患での重症度判定の検査成績が高度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のオに該当するもの。

2級
肝疾患での重症度判定の検査成績が中等度の異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの。

3級
肝疾患での重症度判定の検査成績が中等度の異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの。


検査項目基準値中等度異常高度異常
総ビリルビン  mg/dl0.3〜0.22以上3未満3以上
血清アルブミン  g/dl4.2〜5.12.8以上3.5未満2.8未満
血小板数  万/μg13〜355以上10未満5未満
プロトロンビン時間70〜130%40以上50未満40未満
10〜14秒4以上6未満の延長6以上の延長
アルカリフォスファターゼ0.8〜2.33.5以上10未満10以上
コリンエステラーゼ診療施設基準値に対して明らかに病的な異常値のもの2.8未満
腹水中等度高度
脳症T度U度


<一般状態区分表>
ア. 無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの。
イ. 軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの 例えば、軽い家事、事務など。
ウ. 歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの。
エ. 身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの。
オ. 身の周りのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺にかぎられるもの。




[糖尿病]

【主な傷病】
糖尿病、糖尿病性と明示された全ての合併症


◆障害等級の認定基準について

ヘモグロビンA1c及び空腹時血糖値、臨床所見、合併症、一般状況区分表により総合的に判定されます。
血糖のコントロール、生活状況が安定している場合には認定の対象とはなりません。



view
腎・肝疾患・糖尿病による障害の診断書は、自覚症状、他覚所見、検査結果、一般状況などをもとに総合的に判断し認定されます。
そのなかでも認定の際、検査結果のデーターを主のデーターとしますので、検査結果と病状の関係は把握しておきましょう。
その際、各疾患のガイドラインが重要な参考資料となります。


▲このページのTOPへ


トップ| 裁定請求代行のお申込み| 審査請求代行のお申込み| ご依頼の流れと料金| 事務所案内