障害年金の裁定請求・不服申立て(審査請求)の代行が全国からご依頼いただけます。

ナガタ社会保険労務事務所が運営する障害年金受給ナビゲータートップへ


認定基準と注意点

障害年金の裁定請求・不服申立てのお手続き代行は、全国からご依頼頂けます


眼

【主な傷病】
白内障緑内障ブドウ膜炎、眼球萎縮、癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症



◆障害等級の認定基準について
 障害年金において、眼の障害は、
 視力障害
 視野障害
 調節機能及び輻輳機能の障害
 まぶたの欠損
  に区分されます。

視力障害は、国民年金法施行令別表、厚生年金保険法施行令別表第一及び厚生年金保険法 施行令別表第二に明示されている視力の数値により認定されます。
1級は両眼の視力の和が0.04以下のもの。
2級は両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの。
3級は両眼の視力が0.1以下に減じたもの。
※両方の視力の和ということをお間違いなく注意してください。

視野の障害では、国民年金法施行令別表に示す2級「身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」、両眼の視野が5度以内のものをいいます。
調節機能及び輻輳機能に著しい障害を残すものとは、目の調節機能及び輻輳機能の障害のため複視、頭痛等の眼精疲労が生じ、読書等が続けられない程度のものです。

まぶたに著しい欠損を残すものとは、普通にまぶたを閉じた場合に角膜を完全に覆い得ない程度のものです。


view
眼の障害の認定は診断書の検査値が大きな鍵となります。
視力の測定は万国式試視力表又はそれと同一原理によって作成された試視力表により行う事となっています。
視野障害がある場合には、視野検査をゴールドマン視野計及びこれに順ずるものを用いて行うように指示されています。
眼の障害認定が検査値によるもので、認定は比較的簡単のように思われますが、検査値のムラが大きかったり判断自体難しいこともあります。
医師に診断書を記載してもらい受け取った時、審査する立場にたち、検査値の数字に矛盾がないかきちんと確認することが大切です。



▲このページのTOPへ


トップ| 裁定請求代行のお申込み| 審査請求代行のお申込み| ご依頼の流れと料金| 事務所案内