障害年金の裁定請求・不服申立て(審査請求)の代行が全国からご依頼いただけます。

ナガタ社会保険労務事務所が運営する障害年金受給ナビゲータートップへ


認定基準と注意点

障害年金の裁定請求・不服申立てのお手続き代行は、全国からご依頼頂けます


耳

【主な傷病】
メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害


◆障害等級の認定基準について

<国民年金法施行令別表>
1級は両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの。
2級は両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
または「身体の機能の障害が全各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」とは、両耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が30%以下のものといいます。


<厚生年金法施行令別表第一>
3級の「両耳の聴力が40センチメートル以上では通常の話し声を解することができない程度に減じたもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。
両耳の平均純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの。
両耳の平均純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ、最良語音明療度が50%以下のもの。


<厚生年金法施行令別表第二>
「一耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの」とは、一耳の平均純音聴力レベル値が80デジベル以上のもの。

view
聴覚の障害では、はっきりと検査値による障害等級がきまっています。
普段から検査結果は注意深く観察しておく必要があります。


▲このページのTOPへ


トップ| 裁定請求代行のお申込み| 審査請求代行のお申込み| ご依頼の流れと料金| 事務所案内