障害年金の裁定請求・不服申立て(審査請求)の代行が全国からご依頼いただけます。

ナガタ社会保険労務事務所が運営する障害年金受給ナビゲータートップへ


認定基準と注意点

障害年金の裁定請求・不服申立てのお手続き代行は、全国からご依頼頂けます


肢体

【主な傷病】
上肢又は下肢の離断又は切断障害、上肢又は下肢の外傷性運動障害、脳卒中、脳軟化症、重症筋無力症、関節リウマチ、ビュルガー症、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー



◆障害等級の認定基準について

【上肢の障害】
1級
両上肢の機能に著しい障害を有するもの。
両上肢のすべての指を欠くもの。
両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの。

2級
両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの。
両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの。
一上肢の機能に著しい障害を有するもの。
一上肢のすべての指を欠くもの。
一上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの。

3級
一上肢の三大関節のうち、二関節の用を廃したもの。
一上肢のおや指及びひとさし指を失ったもの又はおや指若しくはひとさし指を併せ一上肢の三指以上を失ったもの。
長管状骨に偽関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの。
おや指及びひとさし指を併せ一上肢の四指の用を廃したもの。


【下肢の障害】
1級
両下肢の機能に著しい障害を有するもの。
両下肢を足関節以上で欠くもの。

2級
両下肢のすべての指を欠くもの。
一下肢の機能に著しい障害を有するもの。
一下肢を足関節以上で欠くもの。

3級
一下肢の三大関節のうち、二関節の用を廃したもの。
一下肢をリスフラン関節以上で失ったもの。
両下肢の十趾の用を廃したもの。


【体幹・脊柱の障害】
1級
体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの。

2級
体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの。

<>3級
脊柱の機能に著しい障害を残すもの。


【肢体の障害】
1級
日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの。

2級
日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。

3級
身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの。

【日常生活動作の障害の程度】
・つまむ(新聞紙を引き抜けない程度)
・握る(丸めた週刊誌が引き抜けない程度)
・タオルも絞る(水を切れる程度)
・ひもを結ぶ
・さじで食事をする
・顔に手のひらをつける
・用便の処置をする(ズボンの前に手をやる)
・用便の処置をする(尻のところに手をやる)
・上衣の着脱(かぶりシャツを着て脱ぐ)
・上衣の着脱(ワイシャツを着てボタンをとめる)
・ズボンの着脱(どのような姿勢でもよい)
・靴下を履く(どんな姿勢でもよい)
・片足で立つ
・座る(正座・横すわり・あぐら・脚なげだし、このような姿勢を持続する)
・深くおじぎ(最敬礼)をする
・歩く(屋内)
・歩く(屋外)

上記の事項につき、
  ○:一人でうまくできる場合
  ○△:一人でできてもやや不自由な場合
  △×:一人でできるが、非常に不自由な場合
  ×:一人では全くできない場合
で評価されます。
判定の際、杖・補助具等を用いない状態で記載しなければなりません。
また、判定には強制されて行われた一時的能力で評価してはいけないことになっています。


view
診断書の記載は、医師であれば専門を問わず、誰が書いてもいいということになっています。(精神疾患のものは専門の医師に依頼しなければならない)
肢体の傷病の場合も整形外科関係の専門外の医師が診断書を書くことは可能です。
しかし、肢体の障害用の診断書は、検査項目が細かく多肢にわたる事また専門的な検査項目であるので、医師によって検査結果にばらつきが生じる可能性が大きい診断書であるという特徴があります。

診断書を依頼する医師はどんな医師でしょう?
また診断書に関係する検査項目はすべて医師が検査するのでしょうか?
仕事柄からかもしれませんが、私が診断書を依頼しなければいけない立場の場合、通常の診断の中で、担当医師の患者、症状、病態に関する考え方を多く仕入れようと努力するでしょう。
何も難しいことではなく、何気ない話からもその医師の考えを知ることはできます。
治療から予後のこと、生活にかかわる障害者認定のこと、その他多くのことを医師や、医療機関にゆだねることになりますから、大変重要なことと思います。


▲このページのTOPへ


トップ| 裁定請求代行のお申込み| 審査請求代行のお申込み| ご依頼の流れと料金| 事務所案内